見えないだけで枯れ木の中には大量の蜂が!?早めの退治を!

蜂の性質を熟知しているからできる退治~周囲の安全も守ります~

安全に気をつけた蜂退治~プロは調査もきちんと行なう~

業者に依頼すると、危険な蜂や枯れ木のような狭い場所に作られた巣でも安全に退治してくれます。どうやって退治を行なうのか、その流れを紹介します。

蜂退治を依頼する流れ

調査で巣を正確に調べる

蜂退治を行なう場合、まずは実際に巣を確認して被害状況を調べます。巣がある場所や個数、大きさなどによって作業方法や費用が異なるからです。多くの業者では調査を無料で行なっているので、巣があるか分からない場合でも気軽に相談することができます。プロの目で調査をするので巣を見落とすことが少なく、きちんと退治することが可能です。業者ごとで費用やサービス内容は異なるので、複数の業者に見積もりを依頼して比較しましょう。

見積もりに納得したら作業開始

作業を始める前に周囲の人々へ避難を呼びかけます。凶暴な種類の蜂以外でも、巣を攻撃されると気が立っています。巣の周辺を飛び回り家に侵入することもあるため、窓をきちんと閉めて退治が終わるまで家の中に避難する必要があるのです。安全を確保した後、殺虫剤などを使用して業者が退治を行ない、巣や死骸を取り除いて作業は完了です。これで巣の中にいた蜂は退治することができますが、偵察に出ていた蜂が戻ってくる場合があるのでしばらく警戒する必要があります。

退治後にまだ蜂が残っている場合~業者は最後まで対応してくれます~

生き残っていた蜂がいた場合でも、アフターフォローがしっかりした業者なら無料で対応してもらえます。

戻り蜂の退治について

生き残った蜂はしばらく巣のあった場所を飛び回りますが、多くの場合10日ほどで姿を消します。しかし、稀にすぐ巣を作ってしまう場合や、戻り蜂の数が多い場合があります。そうしたときには退治を再び行なう必要がありますが、同じ種類が作った巣ならアフターフォローとして無料で作業をしてくれます。

TOPボタン